MENU

集団行動が出来ない、嫌がる

集団行動が出来ない、嫌がる
目次

集団行動が出来ない、嫌がる

人の成長とともに、多くのことが自然に学べますが、時には特定の行動や能力に苦労する子供もいます。これは、発達の遅れや特性を持つ子供たちが、言葉や感情の表現、集団行動などで困難を経験することを指します。しかし困難を抱えるということは決して悪いことではありません。これらはむしろ、それぞれの子供が持つユニークな才能や能力が他の領域に向かっていることを示しているのです

ある子供は言葉を使うことに苦労するかもしれませんが、音楽や美術といった他の領域で驚異的な才能を発揮します。またある子供は社会性を身につけるのが難しく、集団行動を避けるかもしれませんが、一方で科学や数学などの論理的思考を駆使した課題解決に長けています。つまり一見「問題」と見える行動や特性も、実はその子供が持つ他の才能や能力を引き立てる要素となるのです

3歳で集団行動ができない、嫌がる場合の考えられる原因

  1. 集団行動の経験がまだ少ない
  2. 他人との相互作用が苦手
  3. 自分の行動や感情を制御する能力がまだ育っていない
  4. 集団の中で自分の存在を認識し、調整するスキルがまだ育っていない
  5. 集団行動に対する恐怖感や不安感が強い
  6. 自分自身や他人との関係性を理解する力がまだ育っていない

集団行動ができない、嫌がる場合の改善策

  1. 一対一のプレイから始め、徐々にグループの人数を増やす
  2. 集団行動の中で役割を持たせ、達成感を味わう機会を作る
  3. 他の子供たちとの相互作用の機会を増やす
  4. 集団行動の中で自分の役割を理解し、適応力を身につける
  5. 集団で活動することの楽しさを理解する
  6. 社会性を養うための基本的なスキルを獲得する

発達障害の可能性がある例

お子さんが「集団行動ができない、嫌がる」という特性を示していることから、発達障害の可能性との関連性を考えることがあります。ここで挙げるのは自閉病スペクトラム障害(ASD)、注意欠如・多動性障害(ADHD)、学習障害(LD)の3つです。それぞれを分かりやすく説明していきましょう

  1. 自閉症スペクトラム障害(ASD): この障害を持つ子供たちは、集団行動や他人とのコミュニケーションが苦手なことがあります。他人の気持ちを理解するのが難しく、また変わった環境やルーチンに適応するのが困難なためです
  2. 注意欠如・多動性障害(ADHD): ADHDの子供たちは、落ち着きがない、注意力が散漫、衝動的な行動を示すなどの特性を持ちます。これらの特性から、集団行動の中で自分の行動を調整したり、周囲と協調したりするのが難しいことがあります
  3. 学習障害(LD): ここでの「学習」は学校の勉強だけでなく、社会的なルールや集団での行動なども含みます。LDの子供たちは、これらの「学習」をうまく身につけるのが難しく、その結果、集団行動ができない、嫌がるという行動を示すことがあります

家庭環境・生活環境の可能性

家庭環境や生活環境も、子供の行動や発達に大きな影響を与えます。ある特定の家庭環境や生活環境が「集団行動ができない、嫌がる」という行動を引き起こす可能性を示す例を挙げてみます

  1. 子供が一人っ子で、他の子供との交流の機会が少ない
  2. 大人しかいない環境で育っている
  3. 集団活動の機会が家庭内に少ない
  4. 親が忙しく、子供と向き合う時間が十分にない
  5. 家庭内でのコミュニケーションが不十分で、感情表現や他人との関わり方を学べていない
  6. 家庭内でのルールが曖昧で、社会的なルールを理解する機会が少ない
  7. 家庭内で過保護に育てられ、自立する機会が少ない
  8. 緊張感のある家庭環境で育っている
  9. 厳しい規律を強いる家庭で育っている
  10. 親の期待やプレッシャーが強い家庭で育っている
  11. 一貫した指導や躾がなされていない
  12. 家庭環境に変化が多い、例えば頻繁に引っ越す等
  13. 親が子供の気持ちや要望を尊重せず、自分の思うように振る舞わせる環境
  14. 毎日の生活リズムが不規則で、安定した環境が提供されていない
  15. メディア(テレビやスマホ等)の使用時間が長い、リアルな対人交流が不足している

単なる成長に関しての個人差の可能性

子供が「集団行動ができない、嫌がる」という行動を示すのは、発達障害や特定の家庭環境だけが原因ではありません。それは単に子供の成長や個性の一部であり、時にはそれが個人の差として表れることもあります

  1. 性格的に内向的で、人前に出るのが苦手な子
  2. 新しい環境や人々に対して警戒心が強い子
  3. 自己主張が強く、自分の思う通りに行動したがる子
  4. 好奇心が強く、一つのことに集中するのが難しい子
  5. 繊細で、環境の変化に敏感な子
  6. 自分で物事を決定するのが好きで、他人に合わせるのが苦手な子
  7. 短時間で多くの活動を行いたがる、活発な子
  8. 物事を深く考え、理解するのを好む、思慮深い子
  9. 物事を自分のペースで進めるのを好む子
  10. 他人との関わりよりも、一人で遊ぶのを好む子
  11. 特定の事象や活動に強く興味を持ち、他のことに対する注意力が低い子
  12. 他人の意見や行動に流されやすい子
  13. 自分自身と他人とを比較し、違いに困惑する子
  14. 自己評価が低く、自信を失いやすい子
  15. 外部からの評価や反応に敏感な子

以上のような個性や特性が、集団行動を難しくさせている可能性が考えられます。そのため親として大切なのは、子供の特性を理解し、それを尊重しながら、必要な支援や環境を提供することです

接し方

3歳の子供が集団行動を嫌がるのは、特別な状況ではないということをお伝えしたいと思います。子供たちはそれぞれ独自のペースで成長し、ある時期には集団行動が苦手であると感じることも珍しくはありません。そのため、まずは子供の成長のペースを尊重することが大切です

具体的な接し方の提案

  1. 子供の感情を尊重する: 子供が集団行動を嫌がる気持ちを理解し、その感情を否定せずに受け入れることが大切です。「集団の中で遊ぶのは少し怖いかもね」「たくさんの人がいると落ち着かないかもしれないね」といった言葉をかけてみてください。
  2. 子供と一緒に参加する: 集団活動に参加する際、最初は親が一緒に参加して子供の不安を軽減させてみてください。一緒に参加することで、子供は安心感を得ることができます。
  3. 小規模な集団から始める: 大勢の子供が集まるところにいきなり連れて行くのではなく、小規模な集団から始めてみてください。友達を家に招いて遊ぶ、親子参加のクラブやクラスに参加するなどが良いスタートになります
  4. 子供の興味・関心に基づいた活動を選ぶ: 子供が集団活動に参加するためには、その活動に自身の興味や関心を見つけることが大切です。子供が動物が好きであれば、動物園への遠足を提案する。お絵かきが好きなら、絵画教室を探すといった具体的な行動を取りましょう
  5. 集団行動のメリットを説明する: 集団行動のメリットを具体的に伝えることも有効です。「友達と一緒に遊ぶと、新しい遊びを学べるよ」「たくさんの人と一緒にいると、楽しいことがいっぱいあるよ」というように、ポジティブな面を強調して説明することで、子供の抵抗感を和らげることができます

自宅で可能な具体的な取り組み

  1. お絵描きを一緒に楽しむ: お子さんの創造力を刺激しつつ、コミュニケーションを図ることができます
  2. お料理を手伝わせる: 一緒に料理を作ることで、一緒に何かを作り上げる達成感を得られ、自信を育てることが可能です
  3. 絵本を読む: 一緒に読むことで、お子さんの言葉への理解を深めるだけでなく、共有の時間を増やすことができます
  4. 一緒に歌を歌う: 歌を通じてリズム感を養い、コミュニケーションスキルを伸ばすことが可能です
  5. ブロックを一緒に組み立てる: ブロックを組み立てることで、集中力や創造力を鍛えることができます
  6. 一緒に庭で遊ぶ: 自然と触れ合うことで、視覚や触覚を鍛えることができます
  7. 手作りの工作を一緒に作る: 工作を通じて、手先の動きや形状認識のスキルを育てることが可能です
  8. ジグソーパズルを一緒に解く: パズルを解くことで、問題解決能力を鍛えることができます
  9. 自宅で簡単な実験をする: 実験を通じて、好奇心や発見の喜びを体験することができます
  10. お子さんのお気に入りの動画を一緒に見る: 動画を通じて、共感や理解の経験を共有することが可能です
  11. お子さんの好きなテーマで話をする: お子さんが興味を持つテーマで話すことで、関心を持つことの楽しさを共有できます
  12. 一緒に音楽を聞く: 音楽を通じて感受性を養うことができます
  13. ペットと一緒に遊ぶ: ペットとの交流を通じて、共感力を育てることが可能です
  14. 手遊び歌を一緒にする: 手遊び歌を通じて、視覚と聴覚の協調性を鍛えることができます
  15. 家族で一緒に体操をする: 体操を通じて、体を動かす楽しさを共有することが可能です

ゲームや遊び

  1. かくれんぼ: 子供の社会性や想像力を養うことができます
  2. すごろく: 順番待ちの重要性や数の概念を理解することができます。
  3. おにごっこ: 他者との距離感を学び、自己と他者の存在を理解することができます。
  4. だるまさんがころんだ: 他者の指示に従う練習となります。
  5. じゃんけん: 社会的なルールを学ぶことができます。

期待できる効果

  1. 社会性の育成: 一緒に遊ぶことで、他者との関わり方を学びます
  2. コミュニケーション能力の向上: 会話や遊びを通じて、言葉を使った表現力を身につけます
  3. 創造力の向上: 自由に遊ぶことで、新しいアイデアや表現を生み出す力を養います
  4. 手先の器用さの向上: 工作やお手玉など、手先を使う遊びを通じて、細かい動きをコントロールする能力を育てます
  5. 集中力の向上: 一つのことに集中して取り組むことで、長時間集中する力を養います。
  6. 問題解決能力の向上: ゲームやパズルを解くことで、問題を解決するための思考力を身につけます
  7. 自己表現力の向上: 自分の気持ちや考えを表現する力を育てます
  8. 共感力の向上: 他者との交流を通じて、他者の気持ちを理解する力を養います
  9. 自己肯定感の向上: 自分で達成したことを通じて、自分に自信を持つことができます
  10. リズム感の向上: 歌やダンスを通じて、リズムを感じ取る能力を育てます

この取り組みのまとめ

お子さんが集団行動を嫌がるということは、時には心配になるかもしれませんが、それぞれの子供が持っている個性や能力を大切にしながら接していくことが何よりも大切であると考えています。自宅でできる具体的な取り組みやゲームを通じて、子供自身が楽しみながらも必要なスキルを育てることができます。

このような取り組みを通じて、お子さんが集団行動に参加することに抵抗感を感じる場面が減り、自信を持って他者と関われるようになると期待しています。親としては、お子さんが困難を感じる場面に対してどのようにサポートしていけるか、そしてお子さん自身がどのように乗り越えていくかを見守ることが重要だと思います。最終的には、お子さんが自分自身の力で困難を乗り越えられるようになることを願っています

この記事を書いた人

目次