MENU

一人遊びが多い、孤立している

一人遊びが多い、孤立している
目次

一人遊びが多い、孤立している事が多い

子どもがいつもひとりで遊んでいると親御さんが感じることは、珍しいことではありません。このような状況は、生活の中で自然に起こることがあります。また、子どもの成長や発達の過程で見られる行動の一つでもあります。そのため、親御さんが心配する必要は必ずしもありません

一方で、子どもが他の子どもたちと一緒に遊ばないことが頻繁に見られる場合は、その背後に何らかの理由があるかもしれません。それは単に子どもの性格や好みの一部かもしれませんし、または特別なサポートが必要な状況を示す可能性もあります。

気が付くきっかけとなるもの

  • 子どもが公園で他の子どもたちと遊ぶのではなく、一人で砂遊びをしている
  • 遊び場に行ったとき、他の子どもたちが乗り物に乗るのを楽しみに待っている中、子どもは一人で走り回っている
  • 絵本を読み聞かせてもすぐに飽きてしまい、子どもは一人でおもちゃをいじり始める
  • 幼稚園で先生がみんなで行う活動を行っている時、子どもは一人で絵を描いている
  • 公園でバルーンを持って遊んでいる子どもたちの中、子どもはベンチに座って一人で考えている
  • 子どもが一人で遊んでいるときに、他の子どもたちが声をかけてもなかなか一緒に遊ぼうとしない
  • 子どもが自分で作り出したお話を一人で楽しげに演じている
  • 家族でボードゲームをするとき、子どもは一人で絵を描いている
  • 子どもが一人でブロックを積み上げるのが好きで、他の子どもたちが創造的な遊びを始めても一緒にならない
  • 子どもが一人で絵本を見て過ごす時間が長い
  • お絵描きタイムで、他の子どもたちはみんなで大きな紙に描いているのに、子どもは一人で小さな紙に描いている
  • 子どもが音楽が流れると、一人で踊り始め、他の子どもたちと一緒に踊ろうとはしない
  • 子どもが他の子どもたちが集まってテレビを見ているとき、子どもは一人で積み木を積んでいる
  • 子どもが砂場で一人で穴を掘ることが好きで、他の子と砂遊びを共有するのが苦手
  • 子どもが一人で本を読むのが好きで、他の子と読み聞かせを聞くのが苦手

原因としてかんがえられるもの

  • 子どもが自分の遊びを妨げられることを嫌がる
  • 子どもが自分のペースで物事を進めることを好む
  • 子どもが他の子どもと一緒に何かをするよりも、自分の世界に没頭することを好む
  • 社会的なルールが理解できていないため、他の子どもたちと一緒に活動するのが難しい
  • 自分の感情や考えを他の人と共有するのが難しい
  • 他の子どもたちの感情や意図を理解するのが難しい
  • 大人数の中での行動が苦手で、少人数または一人で過ごすことを好む
  • 遊びや活動を自分で制御することを好む
  • 一人で遊ぶことが安心感を与え、ストレスを軽減する
  • 集団活動の中での自分の役割を理解するのが難しい
  • 他の子どもたちのペースについていくのが難しい
  • 他の子どもたちとのコミュニケーションに自信がない
  • 自分自身の感じ方や感じたことを理解するのが難しい
  • 他の子どもたちとの遊び方が分からない
  • 他の子どもたちが何を考えているかを予想するのが難しい
  • 自分が感じていることや考えていることを言葉で伝えるのが難しい
  • 自分の感じ方や考え方が他の子どもたちとは異なると感じる
  • 自分の興味や好みが他の子どもたちと一致しないことが多い
  • 他の子どもたちと一緒にいるときに感じる緊張感や不安感
  • 他の子どもたちと異なるやり方をしたいと思うこと。

発達障害の可能性がある例

自閉症スペクトラム障害(ASD)、ADHD(注意欠如・多動性障害)、学習障害(LD)など、発達障害の一部では、一人遊びを好む傾向が見られます。それぞれの特性について詳しく説明し、その特性が「一人遊びが多い、孤立している」という行動とどのように関連しているのかを考察します

  1. 自閉症スペクトラム障害(ASD):ASDの特性の一つとして、社会的なコミュニケーションが難しいということがあります。そのため、一人で遊ぶことを選ぶ子供が多いです。孤立しているというより、自分の世界で遊ぶことを好んでいるとも言えます
  2. ADHD(注意欠如・多動性障害):ADHDの子供たちは、注意を集中させることが難しいという特性があります。そのため、一人で遊んでいるときには、自分のペースで遊ぶことができ、自分の興味のあることに集中することができるので、一人遊びを選ぶことが多いです
  3. 学習障害(LD):LDの子供たちは、特定の学習領域で困難を経験することがありますが、これは一人遊びに直接的に関連するわけではありません。しかし、自信を失ったり、自己評価が下がったりすると、他人との交流を避ける傾向があるため、一人遊びが増えることがあります

家庭環境・生活環境の可能性

「一人遊びが多い、孤立している」状況は、家庭環境や生活環境の影響を受ける可能性もあります

  1. 兄弟姉妹の数:兄弟がいない場合、自然と一人遊びが増えます
  2. 親の時間:忙しい親は子供と一緒に遊ぶ時間が少なくなります
  3. 家の大きさ:遊べるスペースが狭いと、一人遊びが増える可能性があります
  4. 遊び道具:子供が興味を持つ遊び道具がないと、一人遊びが増えます
  5. テレビやスマホ:テレビやスマホの使用が多いと、一人遊びが増える可能性があります
  6. 体調:体調不良の場合、一人遊びが増える可能性があります

など、家庭環境や生活環境によって、「一人遊びが多い、孤立している」状況が生じる可能性があります

単なる成長に関しての個人差の可能性

単なる成長や個性の違いとして、一人遊びを好む理由を考えてみましょう。子供たちはそれぞれ違ったペースで成長し、個々に異なる特性や性格を持っています。これらの違いは子供たちの行動や選択に影響を及ぼします。

  1. お子様が内向的な性格である
  2. 独立性や自己主張が強い
  3. 物事を自分のペースで進めたいという欲求が強い
  4. 独自の世界観や想像力が豊かで、自分だけの遊びを楽しむ
  5. 他の子供たちの行動に合わせるのが難しい
  6. 自分のことを一人で達成したいという自己効力感が強い
  7. 静かな環境やゆっくりとした活動を好む
  8. 自分の感情や考えを他人に伝えるのが難しい
  9. 自分の考えや感じ方を探求するのが好き
  10. 人前で行動するのが恥ずかしい
  11. 新しい人々や環境に対して警戒心が強い
  12. 自分の遊びを他の人に邪魔されたくない
  13. 細部に注意を払う傾向がある
  14. 新しい事や困難な課題にチャレンジするのが好き
  15. 他の子供たちとの競争を避ける傾向がある

接し方の注意点

親が最初に理解すべきは、発達障害を持つ子供たちは「普通とは違う」というよりも、単に「違った才能を持っている」子供たちであるということです。そうした子供たちは一部の能力が突出していることが多く、それらの能力を理解し、引き出し、伸ばすことが親の役目であると考えています。ただし、「一人遊びが多い、孤立している」と感じる場合は、それが子供の成長段階や性格の一部である可能性もあることを忘れてはなりません

理想の接し方

子供が「一人遊びが多い、孤立している」と感じた時、それは彼の特殊な才能が働いている一面かもしれません。親としては、子供がどのような能力に秀でているのかを見つけ、それを伸ばす方法を模索することが大切です。また子供が人に迷惑をかけないよう、集団行動や最低限の常識を身に付けられるようサポートすることも重要です。しかし、それ以外の部分については、子供が自分自身を表現し、生まれ持った才能を最大限に発揮できるような環境を提供することが理想的な接し方と言えます

理想の接し方まとめ

  • 子供の突出した能力を見つけ、それを伸ばす方法を模索すること。
  • 子供が人に迷惑をかけないよう、集団行動や最低限の常識を身に付けられるようサポートすること。
  • 子供が自分自身を表現し、生まれ持った才能を最大限に発揮できるような環境を提供すること。

自宅で取り組む進歩を促す活動

  1. おもちゃを片付けながら、順番や分類について教えることで、認知機能を鍛えます。認知機能とは、情報を受け取り、理解し、その情報をもとに行動を選択する能力のことを指します
  2. 絵本を読む際に、物語のキャラクターが何を感じているのか尋ねることで、共感力を育成します。共感力とは、他人の感情を理解し、共有する能力のことです
  3. 一緒に料理を作ることで、順序立てて物事を進める能力を身につけます。これは計画性とも言えます
  4. 散歩中に周囲の音を聞き分けるゲームをすることで、聴覚を敏感にし、音の情報を上手く処理する力を育てます
  5. お風呂で水遊びをするときに、物事の原因と結果を理解する力を育てます。これは論理的思考力の一部とも言えます
  6. 車で出かけるときに、道路標識の意味を教えることで、記号や記号が示す意味を理解する能力を鍛えます
  7. アニメや映画を見て、物語を理解する力を身につけさせます。これは理解力や想像力を鍛えることにつながります
  8. 自由に絵を描かせて、色や形の認識を深めさせます。これは視覚的な認識力を高める活動です
  9. 親が新しい遊びを始めて子どもが参加する形で、ルールを学ぶ機会を作ります。これは社会的ルールを学ぶのに有効です
  10. 音楽を聞きながらリズムを取ることで、音楽のリズム感を身につけさせます。これは感性を豊かにする活動の一つです
  11. ブロックを積み上げてバランスを取ることで、空間認識力を鍛えます。空間認識力とは、物の位置や大きさ、形を理解する能力のことを指します
  12. 鬼ごっこやかくれんぼのような体を使った遊びで、社会性を身につけさせます。これは他者とのコミュニケーション能力を育てます
  13. 体操などの運動を通して、体をコントロールする力を育てます。これは身体能力や協調性を鍛えるのに役立ちます
  14. 日常的な会話を通じて、言葉の意味や使い方を学びます。これはコミュニケーションスキルを高めます
  15. 練習帳などで文字を書く練習をさせることで、文字の形を理解し、書く力を身につけさせます

あそびを通じた対策

  1. こまを回す:指先の使い方や平衡感覚を鍛えることができます
  2. すごろく:番号の理解や順番を守る規則性を学びます
  3. たこあげ:風の力を理解し、大空を感じる喜びを体験することができます
  4. お砂遊び:形を作ることで、立体感や形の理解を深めます
  5. おにぎり作り:手先の動きや食べ物の作り方を学びます
  6. なわとび:体のリズム感や協調性を鍛えます。
  7. ペーパークラフト:紙を折る技術や立体感を学びます。

狙い

  1. 自己表現の豊かさを引き出す
  2. 社会性を強化する
  3. 集中力を高める
  4. 体と心のバランス感覚を育てる
  5. 多角的な視野を開発する
  6. 自主性と自己肯定感を向上させる
  7. 創造力と問題解決能力を育てる
  8. 感受性と想像力を発展させる
  9. 自然とのつながりを深める
  10. 自分の存在と他者との関わりを感じることの価値を理解する

親としての役割のまとめ

子供が発達障害であることを理解し、その特性を大切にした上で、子供が持っている才能を伸ばすことが重要です子供が他人に迷惑をかけないような基本的なルールや社会的な常識を身につけると同時に、子供自身が生まれ持った能力を最大限に引き出す機会を提供することが求められます。それが教育ゲームであったり自然と触れ合う機会であったりすることは、子供自身の成長と発達を支える重要な要素であります。親としての役割は子供が社会で生きていくための基礎的なスキルを教えるだけでなく子供が持っている才能を最大限に活かす機会を与え、それを伸ばすことだと考えています

この記事を書いた人

目次