MENU

感情の切り替えが難しい

感情の切り替えが難しい
目次

感情の切り替えが難しい

「感情の切り替えが難しい」という悩みについて。親の視点から考えるとき、しばしば「正常」や「異常」などの言葉に捉われがちです。しかし、その視点は私たちが子供の個性や才能を見つけ、それらを最大限に活かすための視点ではないかもしれません。「発達障害」という言葉をよく聞きますが、それは単に、特定の能力が平均的な水準とは異なるというだけのことです。これは、その能力が「悪い」ことを意味するものではなく、その子が特定の分野で優れているかもしれない、あるいは、特定の分野でサポートが必要かもしれないということを意味します

「感情の切り替えが難しい」というのは、具体的には、喜びから悲しみへ、または怒りから喜びへの感情の移り変わりが難しいということを指しています。その子が感情を理解し、表現する方法をまだ完全には把握していない可能性があります。感情の移り変わりは心の内部と外部の世界との関係性を理解する一部でもあります

【幼稚園・保育園で先生から指摘されやすい点】

幼稚園や保育園で、先生から指摘されることがあるかもしれない典型的な状況

  1. 絵本の読み聞かせが終わったとき、すぐに次の活動に移行できない
  2. お友達との喧嘩があった後、すぐに仲直りが難しい
  3. 新しい遊びが始まると、前の遊びから気持ちを切り替えるのが難しい
  4. お昼寝から起きたとき、すぐに活動的になるのが難しい
  5. 言われたことを怒ってしまい、すぐに気持ちを落ち着けるのが難しい
  6. 楽しかった遊びが終わると、すぐに悲しくなる
  7. リーダーが変わったとき、すぐに新しいリーダーに従うのが難しい
  8. 負けてしまったゲームから、すぐに新しいゲームに気持ちを切り替えるのが難しい
  9. 外遊びから室内の静かな遊びに切り替えるのが難しい
  10. 朝の集会が終わり、授業が始まるときに、すぐに学ぶ気持ちになるのが難しい
  11. おやつの時間が終わると、すぐに元の活動に戻るのが難しい
  12. 自由遊びから指導遊びに切り替えるのが難しい
  13. 一人で遊んでいたら、他の子と遊ぶように言われ、気持ちが切り替えられない
  14. 音楽遊びからお絵かき遊びに切り替えるのが難しい
  15. 先生からの注意で機嫌が悪くなり、その後の活動に集中できない
  16. 集団での活動から、一人での活動に切り替えるのが難しい
  17. 好きなおもちゃを取り上げられて、他の遊びに興味を持つのが難しい
  18. バス遊びからブロック遊びに切り替えるのが難しい
  19. グループ活動から自由時間に切り替えるのが難しい
  20. 体操の時間が終わり、教室で静かにする時間になると、落ち着くのが難しい

以上のような状況が発生したとき、子どもが感情の切り替えが難しいと感じている可能性があります。大切なのは、子どもが感情の移り変わりを自然に経験し、適切に感情を扱う方法を学ぶことです。

発達障害の可能性がある例

ま発達障害とは何かを理解するために、いくつかの具体的な種類について考えてみましょう

自閉症スペクトラム障害(ASD)

これは、人とのコミュニケーションが難しいとか、同じことを繰り返す傾向があるなどの特徴が見られる障害です。言葉を使って感情を表現するのが難しい、または特定の事柄について非常に強い関心を持つといった特性があります。

ADHD(注意欠如・多動性障害)

これは、集中力が持続しなかったり、じっとしていられないなどの特徴が見られる障害です。感情の切り替えが難しいと感じる場合、この種の障害の可能性が考えられます。

学習障害(LD)

これは、読み書きや計算などの学習に困難を感じる障害です。これにより、新しいスキルを獲得したり、感情をコントロールしたりするのが難しくなることがあります

家庭環境・生活環境の可能性

次家庭環境や生活環境が「感情の切り替えが難しい」状況にどのように影響を与えるかを考えてみましょう

  1. 家庭内での緊張感: 親の離婚や争いなど。
  2. 生活の不規則さ: 食事や就寝時間の不規則さ。
  3. 孤立した生活環境: 兄弟がいない、または親しい友人が近くに住んでいない。
  4. 親のストレス: 仕事や金銭的な問題からくる親のストレス。
  5. 一定のルーチンの欠如: 日常生活のスケジュールが一定していない。
  6. 体調管理の問題: 栄養不足や睡眠不足。
  7. 適切な援助の欠如:親が子どもの感情に対応する方法を理解していない。
  8. 親の感情的な不安定さ: 親が自身の感情を制御できない。
  9. 家庭内の高い騒音レベル:テレビや音楽が常に高い音量で流れている。
  10. 親の過保護: 子どもが自己主張をする機会を奪う親の過度な保護。
  11. 住環境の変化: 引っ越しや親の転職など。
  12. 子どもに対する期待値の不一致: 親が子どもに過度な期待を寄せている。
  13. 言葉の理解度の違い: 親が子どもの年齢に合わせた言葉で話していない。
  14. 親の不在: 親が長時間、家を空けることが多い。
  15. 大人との相互作用の欠如: 大人と適切な社会的交流を持つ機会が少ない。

単なる成長に関しての個人差の可能性

3歳児の「感情の切り替えが難しい」現象が単に成長の過程で見られる個人差の一部である可能性について考えてみましょう。個々の子どもは自分自身のペースで成長し、感情を制御する能力もそれぞれ異なります。

  1. 性格: 人見知りの子どもは新しい環境に適応するのが難しい。
  2. 個々の成長速度: 感情を制御するスキルが他の子どもよりも遅く発達すること。
  3. 物事への反応の仕方: 一部の子どもは変化を受け入れるのが難しい。
  4. 遺伝的な要素:親が感情の切り替えが難しいと感じた経験がある場合。
  5. 年齢: 3歳は感情の制御が難しいとされる年齢。
  6. ストレスの反応:ストレスを感じやすい子どもは感情の切り替えが難しい。
  7. 学習環境:新しい環境や状況に適応するのが難しい子ども。
  8. 社会的な経験: 友人との関係や新しい環境への適応など。
  9. 言語能力: 自分の感情を言葉で表現するのが難しい子ども。
  10. 運動能力: 体をうまく使って自己表現するのが難しい子ども。
  11. 精神的な成熟度: 年齢に比べて精神的な成熟度が低い子ども。
  12. 自己認識: 自分の感情を理解するのが難しい子ども。
  13. 感情の発達: 感情を適切に表現する方法をまだ理解していない子ども。
  14. 思春期の開始: 早い思春期が始まる子ども。
  15. 親の育児スタイル:厳しい親の育児スタイルに反発する子ども。

接し方の注意点

「感情の切り替えが難しい」と感じている背景には、さまざまな要素が関与しているかもしれません。

初めてのことに直面したとき、小さな子供はしばしば戸惑いや不安を覚えるものです。これは新しい経験に適応する能力がまだ発達途中であるため、一見すると「感情の切り替えが難しい」と感じられる場面が多くなるのです。そのため、親御さんとしては、お子様が新しい状況に適応するのを助け、安心感を提供することが重要となります

幼い子供たちはまだ自分の感情を上手に言葉にする能力を持っていないことが多いです。そのため、「感情の切り替えが難しい」というお子様の行動は、何か特定の感情を表現しようとしている可能性があります。親御さんがお子様の感情を適切に理解し、共感し、そして適切な方法で応答することで、お子様の感情の表現を助けることができます

注意点まとめ

  1. 新しい状況に適応する能力は3歳の子供にとってまだ発達途中なので、戸惑いや不安を感じることがあります
  2. お子様の感情を理解し、適切に応答することで、感情の表現を助けることができます
  3. 親御さん自身の感情管理は、お子様が感情を管理する方法を学ぶための重要な模範となります

理想の接し方

「感情の切り替えが難しい」という行動を示したとき、最も重要なのは、その背後に何があるのかを理解し、適切な対応をすることです。お子様が新しい経験に適応するのを助けるために、親御さんが優しくガイドすることが重要です。これには新しい経験を一緒に楽しむ何が起こるかを事前に説明する、安心感を提供するなどの方法が含まれます

次に、お子様が感情を上手に表現できるようにサポートすることも重要です。これには、お子様の感情を共感的に聴く、感情を言葉にすることを助ける、適切な感情表現の方法を示すなどの手段があります

理想の接し方まとめ

  1. 新しい経験に対してお子様を優しくガイドし、何が起こるかを事前に説明し、安心感を提供する
  2. お子様が感情を表現できるようにサポートし、感情を言葉にすることを助ける、適切な感情表現の方法を示す
  3. 親御さん自身が感情を適切に管理し、それを示すことで、お子様は親御さんの感情管理方法を学ぶ

家庭での会話や行動で出来る改善策

「感情の切り替えが難しい」状態を改善するための具体的な方法。

  1. お絵描きをしながら、自分の感じたことを表現する
  2. 一緒に散歩をし、見たものや感じたことについて話す
  3. ブロックを使って遊びながら、自分の感情を色や形で表現する
  4. プレイドウ(粘土)で遊び、感情を形作る
  5. 一緒に料理をしながら、食材の色や味について話す
  6. 絵本を読みながら、物語のキャラクターがどのような感情を持っているか話す
  7. サンドアート(砂遊び)をしながら、自分の感情を表現する
  8. お風呂で遊びながら、水の温度や感触について話す
  9. ペットと遊ぶ際、ペットがどのような感情を持つか観察する
  10. バルーンを膨らませながら、自分の感情をバルーンの大きさに例える
  11. 音楽を聴きながら、音楽が与える感情について話す
  12. 自然の音を聴きながら、その音が与える感情について話す
  13. 星を見ながら、自分の感情を星に例える
  14. 自分の写真を見ながら、その時にどんな感情を感じたか話す
  15. ドラマやアニメを見ながら、登場人物の感情について話す

遊び

遊びや、幼稚園や保育園でよく行われる遊びも、子どもの感情の切り替えを支援するための有効な手段です。

  1. こま回し:子どもの集中力を高め、落ち着いた心を育てます
  2. けん玉:成功・失敗を繰り返し体験し、感情のコントロールを学びます
  3. お手玉:自己表現と協調性を育て、感情の安定につながります
  4. あやとり:複雑なパターンを完成させる達成感が、感情の切り替えを助けます
  5. 積み木:形や高さを変えて積むことで、感情の切り替えを体験します
  6. かくれんぼ:「探す」「見つかる」という繰り返しを通じて、感情の切り替えを学びます
  7. なわとび:リズムを刻むことで自己制御能力を向上させます
  8. すもう:力の入れ具合を調整することで、感情のコントロールを学びます
  9. おままごと:役割を演じることで、自分の感情と他者の感情を理解する練習になります

狙い

  1. 自己表現能力の向上
  2. 感情の認識能力の向上
  3. 感情の言葉にする能力の向上
  4. 集中力と自己制御力の向上
  5. 感情の理解と共感の能力の向上
  6. 失敗を経験し、それを乗り越える力を育てる
  7. 自分の感情と他者の感情を比較する能力の向上
  8. 新たな経験から感情を学び、理解する能力の向上
  9. 自分の感情を理解し、適切に表現するための手段を学ぶ
  10. 自分の感情をコントロールする能力を育てる

感情の切り替えが難しい子どもへの対応のまとめ

子どもが感情の切り替えを学ぶためには、様々な経験を通じて感情を理解し、表現することが大切です。また、日本の伝統的な遊びや一般的な遊びも、その一助となります。我々親としては、子どもが感情を安定させる力を自然に育てられるよう、様々な機会を与えることが求められます。一方で子ども自身が自分の感情を理解し、それを適切に表現できるようになるまで、我々親が根気よくサポートし続けることが重要です。そして何より子どもが自身の才能を発見し、それを最大限に活かすための環境を提供し続けることが大切だと考えています

この記事を書いた人

目次